ヨコハマハンドメイドマルシェ2013

ママの入院

妹の結婚が今年9月に決まり、ちょうど式前に、妹が新居に引越した直後の出来事。

先週末の土曜日に、ゆうきに荷物を届けてくれるってゆって、午前中に車でうちにくるとかゆってたのに、金曜の夜まで連絡がないから少し怒りながら電話したんです。最初「午前中予定入っちゃったから午後にいくよ」っていわれたんだけど「えー?午前ってゆってたのに。午後予定入ってるんだけど」って冷たく返して、「ごめん」っていつもと違う感じで電話切られて、その直後にまた電話があって「実は、足が丸太みたいにむくんでるから、午前中にマッサージにいくから午後でいいか」ってゆわれて。普段健康体の塊である母がそういうこと言ったからビックリして、逆にゆうきが実家に帰ることにしたのです。

むくみって・・・祖母が亡くなる直前に足が赤ちゃんみたいにむくんでたから、ちょっと怖いイメージだったので、普段病院にいかない母を、とりあえずとにかく病院に行けと、おどしました。
で、月曜に近所の小さい病院へ行き、血液・尿検査がひどくて、おおきな病院を紹介されて、そのまま入院となったわけです。

普段父は上海だし、一人暮らしだったらどんなに危険だったか。ちょうど姉がアメリカから一次帰国していたタイミングだったので、本当に本当によかった・・・。そして、我々娘達が即座に病院に行くように言ったから、幸いなことに早めの症状で発見されて、よかった。

あまりに健康すぎた母だったので、こういうのは初めて。母もきっと自分でショックを受けてる気がする。

命には別状ないことと、何よりもこの病気で3年前に同僚が2ヶ月入院していたので、病名も聞いたことがあったし、症状も比較的身近で観ていたので、おかしな話、それがなによりも心強かった。。
ここ数日で、何度、彼の入院ブログを読み返したことか・・・
同時に、大変だった彼の様子を見ていたので、結果の電話があったときは震えが止まらなくて、どうしたらいいかわからなくなって、仕事中だったけど会社の屋上でしばらく泣いてた。

**
母親なんて、なんとなく、強くてたくましくて、頼りになって、甘えられる存在でありつづけるのが当たり前な気持ちだったから、正直、自分がこんなに動揺するなんて思わなかった。

今日は仕事を少し休んで、入院手続きや検査に付き添いました。普段弱音はかない母だし、「仕事まずいでしょ?戻っていいよ」って言いつつも、寂しくて心細いんだろうっていうのが全身から感じ取れるから、、、悲しくて。

病気が分かってからも、仕事休めないってゆって仕事いっちゃうし、走っちゃだめってゆってるのに、パンパンの足で家中の家事やら仕事のことで走り回って・・
もーーなにやってるのーーーーって怒るんだけど・・

今日は、なんだか強がってても弱って見えて。
病室行って、仕事いかないとまずい時間までギリギリまで病院にいてかえるとき、弱ってるくせに見送ってくれたとき、入院着に着替えて、目に涙ためて強がってバイバイしてるママを見て、ママってこんなに小さかったっけって思って、

なんというか、もうなんといったらいいかわからない気持ちになった。

悲しいというか、切ないというか、表現できない、涙があふれてくるような、どうしようもない気持ち。死ぬわけじゃないのにね。あんな姿や弱った母親を見たことがなかったもので。

辛いんだろうな。本人も。

ただ、こんなとき、同じ気持ちでいるだろう、姉と妹がそばにいることが、ママにとってもゆうき達姉妹にとっても支えになってるのは間違えないと思う。

一緒に住んでて母の様子がおかしいのを間近でみてた姉だって辛かっただろうし、ママにべったりだった妹だって辛いだろうし。同じような気持ちなんだと思う。こんなときに、一人じゃなくて3人でママを支えられることが、どんだけ心強いか。

家族ってこういうことなのか。

パパも、日曜日に上海から一時帰国するそう。パパとは仕事でメールしてるんだけど、仕事と同じ感じで、冷静にメールでママのことを報告したわけです。

パパらしからぬ、明らかに動揺したメールが来て、それでまた涙でそうになった。

これから治療が始まります。特効薬といわれてるステロイドの投入が始まるのだけど、この副作用が大変のよう。外見も変わってしまうし、1日に飲める水分も決まってるし、仕事人間である母だから、入院生活でストレスも溜まるだろうし。ステロイドの反応がでるのが最短で2週間だそうです。ママの持ち前のパワーで2週間で退院できますように・・・。

家族で協力しあって、母の入院生活を支えていこうと思います。

結婚式が近い妹のこともあるし、姉妹でもお互い無理のないように協力しないとと思ってます。

涙もろいママは、今日の診察で先生がいい人で安心したのか、先生の話をしている最中涙流したので、ゆうきはつられて泣きそうになったけど、ぐっとがまんして、ママの背中をさすってあげた。

ママの前では絶対泣くまい。
涙もろすぎるゆうきの、おおきな課題。

ママとは性格的に相性がよくないので、さっさと大学の頃から一人で家を出て、自立して手のかからない娘として、うまいこと距離をおいてやりすごしてたつもりだったけど、自分がこんなに母親離れしてないんだということに、自分でもびっくりした。

ママがんばれ。姉も妹もパパも、一緒にがんばろう!

コメント
>マリ
まりーーーありがとう。。。
まりのコメントみてゆうきもうるうるしたよ・・入院のお見舞いって、なんだか本当に小さくみえるのが不思議だよね。。
ママがちょっとでも頼りになるなって思ってくれてたらうれしいよ。日ごろの感謝を行動で伝えられるのって、こういうときなんだなって思ったよ。

平日は仕事忙しくて会いにいけないから、週末お土産もってまたいかなくちゃー!
  • ゆうき
  • 2010/06/18 8:37 PM
ブログ読んでて私もうるうるしちゃった。

私も同じことを最近すごく感じるんだよね。
強くてたくましくて、いつでも甘えられるパパやママが
少しずつ年をとってて、自分がしっかり支えなきゃ
いけなくなってきてること。

だいぶ前だけど、パパが入院してお見舞いいったとき、
ベットに座ってるパパがすごい小さくて、切なくて、
声も元気なくて、勝手にひとりでうるうるしちゃって。

家を出て5年近くたって、
やっぱり会える機会って減ってて、
会える時間を大切にしていきたいって
改めて思ったよ。ゆうき頑張れ!
きっとママ、今ゆうきが頼もしく、
自慢の娘だな〜って思ってると思うよ!
>Freedomさん
お母様、昔から大変だったんですね。。母のそんな姿を観たことがなかったので、気持ち動揺しまくりです。。

お祈り、本当にどうもありがとうございます!!
あたたかいみんなの言葉でママも幸せです。

>mihokoppi
みぽこありがとうね。。
みぽこももうママなんだね。なんだかママっておおきなおおきな愛の塊だよね。すごいよね。きっと、ママの娘達への思いって、自分が子供を産んだら、自分がいま思う気持ちよりもずっとずっとおおきな愛情なんだろうって思って・・・胸があつくなるよ。

今まで自分を後回しにして愛情注いでくれた母親の愛って、大きなものすぎて、これからママに一体どれだけ返せるのか分からないけど、いつか後悔しないように、今ちゃんと後悔しないように言葉ではなくともお礼を伝えておかないとと、なんだか今回思ったんだ。。

同じ親をもつ兄弟、年を重ねると昔の関係とは別の形になって、絆が深まるんだなって改めて思ったよ。
  • ゆうき
  • 2010/06/13 1:11 PM
>ISORAさん
ありがとうです。。バラバラでも、家族ってひとつなんだなって、今回改めて感じることができました。。ほんと、いつのまにか、親を支える立場になってるのかなって思って、急に焦りも感じつつ・・・

ほんとですね。早くしっかりしなきゃと、がんばろって思いました!

>ようちゃん
よーち、ありがとうね。。やだねーほんと親や家族のことってなると、もう涙腺がゆるゆるになってしまうよ。
仕事も大事だけど、なんか、代えられないこともたくさんあるし、今はママも神様に与えられた休暇と思ってしっかりがんばって療養してほしいと願うよ。

よーちのメールみて、ママの好きなものをとことん覚えててくれて、嬉しかったよ。SK2とかよく覚えてたよね 笑
ママは、飲める水の量が限られてるから辛いけど、でもがんばる!ってゆって、医者のいうことちゃんと守ってがんばってるよ。退院したあともちゃんと気をつけて頑張るってゆってる。

ゆうきの番だね。がんばるよ!!みらいとさいかとパパでがんばってママを支えるよ。ありがとう!!
  • ゆうき
  • 2010/06/13 12:56 PM
ゆうき、大変だったんだね。
命に別条がないとのこと、
それを見て、少し安心。

でも、治療これからママ頑張って回復して下さい。

私も、現在家族みんなが元気で
家族が病気って今までなかったから
きっとゆうきの立場になったら、
私も同じようにふるまい、
同じような気持ちになると読みながら思いました。

姉妹3人居て、パパも居て
本当に良かった。

ママも、痛いおもいして3人娘を産んで
頑張って育てて良かった、って
心から思っていると思うよ。

私も、つらい妊娠出産はしばらくこりごりだと思っているけど

いつか娘に
兄弟を産んであげたいと思ったよ。
不安なときに、こんなにも強い味方になるのだと
分かったから。
  • mihokoppi
  • 2010/06/11 10:25 PM
ウチの母親は、自分が随分若い頃から病気のオンパレードでしたね…。子宮をはじめ、もう無くなった臓器がいくつかるか。

1日も早くお母様が良くなられる事をお祈りしています。

ゆーき。。。。。。
つらかったね。でも、ちゃんと先生の話を泣かないで聞けて、ママを支えられてえらかったね。

ちゃきちゃきと豪快で、パワフルなゆーきママばかりが浮かんで、
だから日記でママの不安そうな様子をよむと胸がいたくなるよ。。
治療のことや、お教室のことや、退院したあとのことも、、
不安になってしまうよね。
パパが離れたとこにいる中で、きっと3人の娘たちがそばにいるってことはとても心強いにちがいないよ。

当たり前のことなのに、甘えて頼っていたパパやママもちゃんと年老いていくんだって、ようこもここ数年でやっと気づいたよ。
腕が痛くなるママに代わって、固い瓶のふたを開けてあげること。
目が見えにくいっていうパパのために、遠くの文字をよんであげること。
自分の代わりになにかをやってもらうばかりだったのが、
これからはどんどん、自分が代わりになってあげることが増えてくんだよね。
それは、やっぱりとても切ない。。
でも、どれだけ時間をかけても、恩返ししきれないよなあ、と思う。
生んでもらって、育ててもらって、大切にしてもらったことに比べたら。

ゆーきが病気したときも、ママはとっても動揺して、それでもすっごく一生懸命看病してくれたんだよね。
こんどはゆーきの番だ。
がんばれゆーき!がんばれのだけ!
ママがあまり苦しまずに、どうかどうか早くよくなりますように・・・・
(長くなってごめん)
  • ようち
  • 2010/06/11 2:53 AM
家族一丸やね。

頑張ってね。

私も、blog読んでて泣きそうになっちゃいました。

ウチの母も気丈な人でまだバリバリ仕事してるけど、

もう若くない。

私が、

もっと早くしっかりしなきゃ。
  • ISORA
  • 2010/06/11 1:30 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Profile

Yuki Noda
1982年横浜で生まれる。多摩美術大学卒。
プロフィールポートフォリオ
mixitwitterFacebook

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【Illustrator CS3】 [不明なエラーが発生しました]で.ai拡張子の保存ができない
    MAMORUさん (12/08)
  • 【Illustrator CS3】 [不明なエラーが発生しました]で.ai拡張子の保存ができない
    MAMORU (09/20)
  • 【Flash】IEでjavascriptのプルダウンがFlashの後ろに隠れてしまう事件
    ゆうき (09/04)
  • 【Flash】IEでjavascriptのプルダウンがFlashの後ろに隠れてしまう事件
    rr (08/31)
  • スーパーカップのチョコミントアイスについて
    ゆうき (06/13)
  • スーパーカップのチョコミントアイスについて
    aaammm (06/13)
  • スーパーカップのチョコミントアイスについて
    ゆあ (04/11)
  • 【CSS】IE6 リストで隙間が出るバグ
    D (11/14)
  • 夢のような結婚式を終えて・・
    ゆうき (10/04)
  • 夢のような結婚式を終えて・・
    ちゃっきー (10/03)

recent trackback

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM